スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にわかの庭!三方向早的打ちについて


さて、たいして反響もなかったようなんで解説と行きましょう (つД;)泣いてない、泣いてないよ!

三方向の的打ちは自分としては一対複数(三人)を想定した上での実戦形式の攻撃技です。

的は紙コップでヌンチャクもスポンジですが、これを人の手に持つ武器、木製以上の硬度のヌンチャク。

それを想定しての動きでやっています。実践でできるかはやったらわかるでしょうね。

それはともかく、コツとしては・・・まぁ練習あるのみなんですが、あえて言葉にするなら

「インパクトを見ず次を見ること」でしょうか。

スローで見るとわかるとは思いますが一つ目を見ている時にすでに振り始め

当たる前にはもう2つ目に目がいってるのがわかると思います。

二つ目の時は若干遅れましたが当たる直前には首は動いてますね。

そして三つ目。三つ目は姿勢と終わる動きから最後まで見てます。

ヌンチャクは振れば始点Aから終点Bに必ず向かうものです。の中間に標的Cがある場合

CがA-B間にあれば必ず当たります。三方向を一秒で落とす。

成功率は客前で自信持ってできるくらいになってます。一応これが

自分の(もっと言っちゃえば世界)最速ですがもっと縮められるかもしれませんが、氷割り同様

もっと難易度の高いヌンチャク武芸をやってみたいとも思ってます!

これからももっともっとすごい技をみなさんの目の前で披露できるようになりたいと思います!

応援よろしこ!                         撮影・編集協力 (有) EHS

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃった方々
ついったあん♪
プロフィール

志士丸

  • Author:志士丸
  • 冷たい時代を打ち砕く
    孤高のヌンチャク武芸人

    contact
    sisimr@hotmail.com
カテゴリ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。