船上パフォーマンスの思い出 (何しに行ったんだ!?志士丸)

8月の2日。小樽についたその日。志士丸も下船してみました。
「朝早すぎなんで何もないですよ?小樽運河は見れると思いますけど」と
スタッフさんから言われたとおり時刻は5時。でも小樽に来たという嬉しさで
つい前回の動画をたまたま釣りに来ていた方に撮っていただいた!
そのあと乗船時間が9時半なのでそこそこな時間あると考えちょっと足を伸ばすことに。
東京ですら行かなかったなか卯に朝ごはん名目で来店。小樽で初めて食べたもの。牛丼の並。
そこからさらに足を伸ばす。すると面白いTシャツを主に売っている学生御用達のようなお店を発見。
なまら屋という名前でした。開いてれば絶対入ってたな~。そのあたりから観光地のようなお店がちらほら。


IMGA0091.jpg
最初に撮った写真。んで


IMGA0092.jpg
珍しい風鈴ツリー。ガラス細工のお店が多い小樽ならではってとこですかね。


IMGA0096.jpg
・・・まぁ、その、なんだ・・・お、小樽の記念ってことで。いつかお店にも入ってみたいな~。


さて小樽運河です!撮ってくれたのは奇遇にも同じ船できたお客さん。しかも一声が
「(ヌンチャクの)先生ですよね?」と。どうやらショーも見てくれた方だったようで
嬉し恥ずかしでしたが『ああ、ちゃんと仕事したんだな~』と実感。
IMGA0097.jpg

お客さん達と別れてふと目に付いたので撮影。
IMGA0098.jpg
小樽なのに浅草橋?なんか理由があるんでしょうがちょっと不思議でした。


IMGA0103.jpg
もちろん駅にも。んで

IMGA0101.jpg
駅前に電車(汽車)の到着を知らせる鐘が。いい音でしたが少しの力でもかなり響く音でした。
ちなみに地元の学生さんに撮っていただきました。小樽の人たちは基本的に爽やかで優しい。


IMGA0099.jpg
忠犬ではなく消防犬。下が説明。

IMGA0100.jpg
読め・・・ますね。


IMGA0106.jpg
さらに歩くとまるで何かのゲームのお屋敷のような場所が。全体的に広く公園になってました。

IMGA0110.jpg
その建物の近影。この建物は↓

IMGA0109.jpg
こういうことでした。んで、その広場の中にあった銅像なんですが


IMGA0107.jpg
童謡「赤い靴」の銅像です。全国に数々あれど親子が揃った像はこれだけなんだそうです。下が説明。

IMGA0108.jpg
写りこんでますが読めたら読んでください。でもこの曲ってよく考えたら拉致ですね。


IMGA0112.jpg
予定時間二時間ほどを残していま自分がどこにいるのかわからなくなり、運河周辺ではあれ
やな予感がして引き返す前にもう一枚!と撮ったのがコレ。東京以西の人には違和感バリバリですが
北国の信号は縦なんですよね。新潟あたりもこうでした。理由は、わかりますよね。

とまぁこんな感じです。開いてるお店はなかったですがぶらり散歩するだけでも魅力に溢れた街でした。
今度はこの街でパフォ仕事してその時に色々見れたらいいな~。なんにしても帰れてよかったです!

                                          ではまた( ゜∀゜)ノシ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今晩は
いい画像をたくさんUPしてくれて
有難う御座いました
夏とはいえ水は冷たくありませんでしたか?
昔、夏に青森へ行った時
水道の水が冷たくて冷たくて・・・
一分も水に手をつけれませんでした^^

No title

>>朝比奈さん
こういう仕事に出会えるのもめぐり合わせと感じました。確かに肌寒かったと覚えています。
ただ朝早い時間だから、と、短い滞在時間と観光らしいことはできませんでした。
いつか朝比奈さんの街でもパフォーマンスできたら会いたいものです。

ちなみに今度挑戦するのは以前朝比奈さんがおっしゃってくれた氷2つというのをパクっt
いや参考にしてさらにできるだけ難易度を上げた技になります。が、いま台風が迫ってます。
どうなるかわかりませんが鋭意挑戦中です。でき次第ご報告します。
いらっしゃった方々
ついったあん♪
プロフィール

志士丸

  • Author:志士丸
  • 冷たい時代を打ち砕く
    孤高のヌンチャク武芸人

    contact
    sisimr@hotmail.com
カテゴリ
最近のコメント