志士丸のショー考察 (ヘブン審査へ、そして今後へ向けて)

今年に入って個人的にパフォーマンスは2回しかしていない。今年のモットーは「動く」。
ヌンチャク動画を撮影してきているのはいい傾向だが肝心の仕事に結びついていない。
やはり具体的に動かなければ成果につながらない。ということまでは理解できているが、
別に仕事をしていると万が一被害を出したとき、その仕事先にまで迷惑をかけえしまう、かもしれない。
という考えから勇み足になってしまっている。が、距離をとって遠方で・・・とも考えるが
ええ歳して車を持ってない自分は移動だけでも正直凹んでしまっている。こんなんじゃできるわけがない!
しかしあのマラソンがいい薬になったのか、個人の練習のモチベーションが未だ保てている。
そのおかげで技の完成度は上がってきている。が、パフォーマンスにする段階でどういうふうにまとめるか?
とある審査まで一ヶ月を切った・・・今回はそんな話。

ヌンチャク一本でパフォーマンスをする。去年そう考えて作ったのは去年のPV。面白さを追求した結果、
音声を入れたり道具を作ったりと、審査会でもその追求の結果としてはいい成果だと思っている。が、
結局は落選。落ちた理由を考えるより、どうすればよくなるかを考えてきた。
個人的に行き着いたのは「技術の向上」「お客さんへの意識」。
技術の向上はヌンチャクの振る技が曲に熱中するあまり、ワンパターンだったり
トス系や大技をやらなかったり、バク宙も中途半端。
お客さんへの意識に関しては自分の技を見せていればいい。という当時傲慢な価値観を持っていた
自分への戒め。そしてそれを改善するにはどうすればいいかを考えてきた。
第一には練習を増やしヌンチャクに対しても傲慢だった自分を戒め、新たなわざと大技の完成度をあげ
客前でもできるくらいにする。もう一つ盛り上がりが欲しいと思い、ヌンチャクに似たジャグリング道具、
ディアボロ(のスティック)をヌンチャクっぽくやる技の体得。
第二に、お客さんへの意識を自分なりに体感する方が早いと踏み、いろいろなイベント(自分の可能な限り)に
参加、見学に出てみた。今までは自分がやってればいい。という価値観から人を見ることをしなかった。
役者を目指してた頃、さんざん恩師に言われていた「いろんな映画や舞台を見ろ」という言葉を、
サークルの方々からも酸っぱく言われている今の自分の進歩のなさを痛感しながらいろいろと体感した。
マラソンもそう言う意味でもとても勉強になった。
とまぁ、やってきた事を日記にするのは簡単なことで前述のとおりたいして成果にできてない中で
何を言ってもしようがない。ともあれ今年もヘブン審査締切まで一ヶ月を切った。
年々、成果を出せる場が少なくなってきている。テレビ出演や、有名バンドからの出演依頼などの実績も
過去の話になってきている。どれほどの実績も古すぎれば「これから」に説得力がない。
実際今なら当時の3倍位の技ができるのに、と思ったところでどうなることでもない。
より多くのお客さんにヌンチャクを楽しんでいただくためにもいかにショーとして技をまとめ
ショーとして組み立てられるか、実際遅くはあるのだが去年の「面白いショー」をベースに
完成させていこうと思う。

とこんな感じです。かね。いやはやお恥ずかしい限りです。情けないくせに自己満足でしたね。
自己満足だったのは自覚してたんですが「限度」がなかったことに我ながら愕然としました。
改めることができたのもある意味運命って感じでしょうか・・・?
なんにせよ。これならどう!?ってなのを考えました!今月中盤にはPVにして都に送るつもりです。
ブログには20日過ぎくらいにあげます。最近の実績ないからもしかしたら今年は二次すら危ういかも・・・。
ともあれ頑張ります!!それしか言えん!!      ではまた( ゜∀゜)ノシ

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃった方々
ついったあん♪
プロフィール

志士丸

  • Author:志士丸
  • 冷たい時代を打ち砕く
    孤高のヌンチャク武芸人

    contact
    sisimr@hotmail.com
カテゴリ
最近のコメント