スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安政遠足侍マラソン!

五月十二日、その前日から志士丸はサークルの方々と軽井沢に来ていた。
そこで行われる「安政遠足侍マラソン」に出場するためだ。
去年。パフォーマンスでのスタミナをつけるため、ダイエットのために「走る」ようになった志士丸。
そこでボスが「出てみる?」というお誘いの声。どうせ予定はないだろうし、自分の限界を知るいい機会。
「出ます!」と二つ返事。いや~ノリて怖い。
んで、数ヶ月前からいつの間にか頻度が減っていたジョグを復活。距離も伸ばし最高14㌔超を走れるように。
水ぶくれや筋肉痛を繰り返しながら、体調を戻しつつ11日。みんなで出発!参加者は全員で6名。
サークルYDCのメンバー。ボスのN氏。
友人でサークルのエースであり、自分のパフォーマンスの身近な説教役でもあるH氏。
そのH氏の親友で自分のツッコミ役のようなH’氏。
同世代ながら大道芸の息子さんがいるD氏。
自分の親友でかつ時にパフォーマンスパートナーのS氏。んで自分、の6人。
宿泊はボスの別荘。サークルで年一回行われる合宿の5月版のような感じ。
車移動、買い出し、食事、などいろいろあって就寝時間は11時すぎ。普通じゅうぶんに睡眠は取るよね!?
とか思いながら夢の中・・・。
起床は5時半。睡眠は足りてるのか?とか思いながら朝食片手に移動。
スタート付近に到着。昨日就寝が遅かったり理由。
それはコスプレ用のバルーンのカブトや帽子などを作っていたこと。
ボスやH氏、バルーンのうまい方々は見事な侍マラソンらしいカブトを作っていた。H’氏もカブト。
自分はとりあえず作ってみた腕に巻けるもの。と思ったが走るのに邪魔だな。と考えそれに目を足して
虫のような顔のパーツに頭に巻くようなパーツをつけて防止に。といろいろ作成。
ところが、駐車場付近に気味の悪いタイツ風のド○えもんが!!他には甲冑(厚紙性)を着た武者や桃太郎まで、
他にもいろいろ。終了後に聞いた話には3mくらいの電柱までいたという。本当にお祭りのようなマラソンだ。
ともあれスタート前の開会式にゼッケン準備や荷物の預けにしどろもどろのなか時間が迫っていたこともあり
自分も写真を、と出場者の方にお願いしてパシャリ!
出走前
少ない!!一人はトイレ。一人は荷物を預けに。Sさん、Dさんごめんなさい。
ともあれこの10分後には出走。ぎゅうぎゅうづめのなかいろいろな仮装。これがマラソンなのか。
と初めての空気にワクワクしながら、そして『自分にやりきれるのか?』とドキドキしながら
太鼓の合図でスタート。一斉に走る出す参加者。自分の目標は20㌔まで足を止めない(歩かない)だ。
今まで14㌔ちょいまで走り切ることができた。今日はその限界を超えてみせる!とワクワクもドキドキも
やる気に変えて足を上げる。
サークル内ではのんきにマラソントトカルチョまでやってたらしい。(お金を賭けてたわけではない)
・・・が、流石にマラソン。自己練習の平場を何周もするようなものと違い、アップダウンの起伏の多い路上。
アップでは心肺に圧力がありダウンでは足に圧力がかかる。足が重く体が熱い・・・。
しかし沿道の方々の応援はとても多く、「がんばれー!」の一言一言が力になってくれた。
吸水もまたとても多く、マラソン初心者の自分は序盤はその都度その都度で取っていた。
しばらくして拒否していいことに気づく。そして・・・
15㌔表示の手前で足の重さに耐え切れず歩くことに・・・目標達成ならず・・・。
しかし少しでも前に。ゴールに近づくために!少し歩いては走り歩いては走る。の繰り返しでついに
関所越え
関所を越えた!・・・がゴールはもっと先。しかしゴールの近い雰囲気に力が湧いてくる。そして・・・
20㌔のゴールに到達!
・・・さあここからだ!!(このマラソンは20㌔コースとそこから8㌔ちょっとの山道がある)
情報にはあったことだけにゴールには到達する。という最終目標をここで考えた。
『今の足でいけるのか?20㌔越えただけでも初めてなのに・・・?』しかしその先に仲間が待っている!
足はその山を踏み込んだ。序盤とんでもない山道。走る、歩くというより完全に登る。だ。
中盤なだらかになった。そこから走るランナーがぞくぞく。このコースを選んでる常連ランナーは
この山道をちゃんと対策立てて走っているようだ。ランナーってすごいな・・・と実感。
足の痛みに耐え切れず、ランナーでは考えられない座る。ということを繰り返す志士丸。
でもそんなことで足の痛みが消えるわけがなく、だんだん座る間隔が短く、時間も増える。
それでもなんとか残り1㌔。ここで座るわけにはいかない。足に少しずつ力が入る。足の出るスピードが上がる。
人の多い気配が強くなり安心感と達成感への期待感が胸にこみ上げる。そして本当のゴール!!
4時間29分での達成だった。その前にはH氏とS氏がゴールしていた。
H氏はサークル内でもいろいろなマラソンに出場、トライアスロンまでやるスーパーマン。
だがまさかS氏がここまで速いとはほとんどの予想を覆した。
もともとラグビー出身で走り込んでいたであろうとも年齢は自分よりも上。しかし
それを越える肉体のポテンシャルを見せつけてくれた。頭が下がる。サークル順位としては
H氏が1位。S氏が2位。自分が3位で、そのほとんど後ろにボスが迫っていた。
もうちょっと座りが長えければ抜かれていたかもしれない。
少しマラソンへの意識を重く持つことにしようと考える。あとはH’氏とD氏。
D氏は20㌔走ってそこで納得する。と走る前から決めていた。と聞いていた。
H’氏は去年の走破時間3時間40分。今回自分はおろかS氏すら退けてゴールしててもおかしくない。
順位予想ですらH氏H’氏の1、2フィニッシュがほとんどだったのに。
結果は山を断念。だった。思えばスタートの段階でサークルから離れ、後ろの仮装集団を楽しむ余裕。
それはそれで人の楽しみ方だ。と納得したがまさかの彼のの足切り(20㌔コースを2時間40分で越えなければ
山コースは挑めないルール)とは・・・ふざけすぎたな・・・と思ったが理由はほかにあった。
腰を痛めたという。そういえばスタート前、あまりに寸前過ぎて思いのほか準備運動してなかった。
それがこうなった。ということのようだ。こういうことがあるからマラソンは怖い。
だが腰を壊しても実質2時間30分ちょっとで20㌔を走破するH’氏の根性にあらためて感心する。
ともあれ全員でゴールに集合。
1位H氏 2位S氏 3位志士丸 4位N氏 5位D氏 6位H’氏(5,6位は順位順不明)という結果。
しかもサークル内1位のH氏の前にも80人以上いるというのがなんとも・・・ランナーとはすごい。
ともあれ峠の茶屋で参加者券で食事をしバスで下山して温泉に入り中華屋で食事後に当日帰りの
自分、S氏、H氏。もう一泊するN氏、D氏、H’氏と解散。横浜に着いたのは10時前だった。
その間もしかしたらもっと早く帰れたはずだった・・・。
H氏、S氏、本当にすいませんでした!!(詳細は酒が入ったらしゃべるかも)
ともあれこれが今回初挑戦したマラソン。
来年はどうしようか・・・?それはこれからの自分のがんばりに問うてみようと思う。
さあ、ここからが本番。約30㌔を走り(?)きったという事実を自信に変えて
自分のパフォーマンスを完成させてみせる!
                                   了

ですますで始めなかった分こんな文章になりましたがこんな感じですww
足は今でも筋肉痛。でも朝の仕事はやり終え、明日には軽減できているでしょう。明日から本腰をいれて
パフォーマンス作ります!(今から作ろうという時点でアレですけどね)
                                ではまた   ( ゜∀゜)ノシ

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃった方々
ついったあん♪
プロフィール

志士丸

  • Author:志士丸
  • 冷たい時代を打ち砕く
    孤高のヌンチャク武芸人

    contact
    sisimr@hotmail.com
カテゴリ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。