去年の3月11日の話

もうすぐあの時間。一年前のあの時は家でネットしてたな。
いきなり揺れてどんどん大きくなって不安になって外に出て
立ってられなくなって本気で「このまま世界って終わってしまうのかな?」
とか思って・・・。んでおさまって何事もなく部屋に戻ったら
東北がすごい事に・・・原発ぼーん、ぼーんぼーん・・・。
んで数日後にぽぽぽぽーん・・・。しばらく何もする気が起きなかった。
日本全土(主に北関東以北)を揺るがした震災。犠牲になった方々、
被害をこうむった方々、そしてそれらに一年たった今でも向き合い生きている人々。
この一年はどうだったんでしょう?
対応の悪かった政府や放射能撒き散らしながら副産物だから
我々は無関係と言って話にもならない東電。
そんな東電のために被爆しながら働く職員。
価値を潰され風評をまかれ「東電にやられた」と恨み自殺した農園の方。
危険区域で津波に遭い長期間のざらしだった亡くなった方々。
可哀想、の一言ではすまないいたたまれない出来事の数々。
でも生きている我々はそれらを忘れないように、また失った時間を取り戻そうと
各都道府県からのボランティア、国内のみならず海外からも多くの義援金、
次々と復興プロジェクト立ち上げ。
足並み、規模、形はどうあれ大規模災害から立ち直ろうと必死に頑張ってきました。
実際まだまだ復興には程遠いですがそれでも東北の方々は強くたくましく
生きて頑張っています。
自分が何かしたと言える事があるとすれば募金箱への小銭と
仙台への個人挑戦旅行でしょうか?威張れた事ではないですが
あの旅行の時に会った仙台の方々の表情は学生たちや仕事うちの方々みんな
忘れません。
今度行く時は自分も含めて一年の頑張りを積んだ顔を見せ合いたいものです。
そろそろあの時間。
あの災害を忘れないよう・・・。


上の文は当日当時にミクシィの日記に書き込んだ文章です。
その日ほとんどのテレビ番組に表されていたようにほとんどが去年の震災の話題でした。
今年のその日は普通の日でした。
一昨年のその日もその前の年のその日だって・・・。
あの日のあの時、ここを見ている方々はどう感じ何を思われたでしょうか・・・。
関東の片隅で自分は上の文のような事を感じていました。その後に起こしたアクションははたして正しかったのか?
少しでも被災者の方々のためになったのか。自分はあまりその答えに固執するつもりはありません。
小さい自分の価値観で言わせていただきますが自分の生活もいっぱいいっぱいなのに
他人の心配ができる余裕はありません。でもそれは皆そうなんですよね。だったら少しでも。という気持ちを
ささやかでも形としてさせていただいただけ。というのが自分の行動の理由でした。
去年の5月にちょっとした大失態があってその自分への反省のため。というのも含めて
被災地の方々へのパフォーマンスもさせていただきました。あの時はいろいろ大変でしたが自分としても
この道を進もうという孤独な覚悟を決められたいい旅でした。仙台の方々とはまた会いたいと思います。
仙台もそうですがそれ以上の被害を受けている場所もあるでしょう。自分にできる事はほとんどありません、が。
少しでも早い復興を祈らせていただきます。これからも同じ日本人として日本のため、被災地復興のため、
自分は自分の生活、パフォーマンスへの努力を頑張って生きたいと思います。
※震災への記事は以上です。                        

コメントの投稿

非公開コメント

No title

志士丸さんのコメントに頭が下がります
俺も大したことは出来ませんが
一日でも早い復興の為に
ほんの僅かでもお役に立てればと思っています

No title

>>朝比奈さん
どもです。あの日はどこのチャンネルも震災報道でしたから無理矢理考えさせられたような部分もありましたね。
でも思い出したのはアノ日の怖さもそうですがそれから時を経た5月の武者修行(?)で行った仙台や
秋のYDCで行った福島のことでした。義援金であれボランティアであれ当事者でない以上、
言い方悪いですが所詮他人事なんですよね。でもだからこそ手を差し伸べようとする事ができるんだと思います。
皆どこで生きてたってそれぞれに苦労してるんですよね。
悪い事でなければ、少なくとも人が悲しむ事でなければなんかできることであればやってもいいと思います。
エゴで偽善かもしれませんが自分は自分らしくええかっこしたいと思います。お互い頑張りましょうww!
いらっしゃった方々
ついったあん♪
プロフィール

志士丸

  • Author:志士丸
  • 冷たい時代を打ち砕く
    孤高のヌンチャク武芸人

    contact
    sisimr@hotmail.com
カテゴリ
最近のコメント