志士丸、軽井沢に行く ②

さて、軽井沢駅に到着した志士丸。出発前に到着予定時刻をむこうに連絡していたので待ち合わせは成功。
そのまま合宿地に行くのか、と思ったらその日は生憎の雨。午前中練習を断念し、早い段階から観光をしているらしく、
向かったのは軽井沢タリアセンという大きい遊戯施設のある公園のようなところ。
中に入ろうと思ったら入場料800円!!これが安いか高いかは入ってみないことには解からないところですが
もうじき皆出てくると言う事で外で待つことに。案内を見る限り端っから入るなら入場料は安いかも。
アーチェリーやゴーカートのようなもの。広いバーベキュー場にボート。自分だけのオリジナルオカリナを
作れるらく焼きなど、一日中遊べそうな場所でした。特筆すべき(ってほどではありませんが)
ボートの乗れる湖(?)には別の場所で巨大な風船に入って水上を歩けるという遊具があり、
皆チャレンジしてたそうです。しかし、重心が安定せず立てたとしても、いや、
もうほとんど誰も立てないくらいのグラグラで皆とても楽しかったそうです。羨ましかったな~ww
ともあれオカリナの焼きあがり待ちだった待ち時間も過ぎてみんなと合流。最寄の田舎蕎麦屋さんに入って
お蕎麦で昼食。その足で合宿地へ。その頃にはあたりは既に暗く別荘地に向かう山道にはそうそうと霧が発生し、
細い峠道をライトを霧がかすめながら、対向車もそこそこに進む車。ちょっと怖かったです。
40分くらいかけてなんとか無事到着。嬬恋近くにある集合別荘地でした。その時には解からなかったですが
周りもいろいろな方の別荘があり、区画整理されていて管理事務所がちゃんと管理しているような徹底された別荘地でした。
でもやっぱ別荘が持てる人ってすげぇな~とつくづく関心。夕食(すでに夜食)前に皆でお風呂に向かうために温泉へ。
別荘にも浴室はあったのですがみんなでと言う事でまた山道を10分かけて近くの温泉へ(近くなのに10分かかるって)
運転手の方々には頭が下がります。夕食後そのまま飲み会となり小学生のはる坊は就寝。時間の概念を忘れて
ゆっくりとお酒を酌み交わす。ぜいたくな時間でしたね。何時に寝たのかは解からないまま床に入りました。
翌日。新聞屋の習性なのか起きたのは6時半。遅いと言えば遅いんですが誰よりも早く起き、覚醒した直後、
壮絶な下痢ww(飲みすぎた次の日って大概こーなる・・・)なんとか落ち着き外へ。そこで志士丸が見た景色は・・・!

ってとこですねww             Σ(゜д゜;)もうちょっと書けや!
文字ばかりなんでメンドクさくなる前に区切っておきます。次の記事は2日目となります。ではまた( ゜∀゜)ノシ

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃった方々
ついったあん♪
プロフィール

志士丸

  • Author:志士丸
  • 冷たい時代を打ち砕く
    孤高のヌンチャク武芸人

    contact
    sisimr@hotmail.com
カテゴリ
最近のコメント