魔がさして・・・遠征記④ ―いろいろ―

無事仙台で一回目のステージを終えた志士丸君。
その日会った主催の代表さんから「これから高校に行くんだけどよかったらどうですか?」
と誘われ、たいして断る理由もない
(実際このイベントだけが予定でしたがせっかくならこの方々の手伝いがしたいと思った)ので
代表の車でそn高校と言うところへ。
高校か~・・・地元の山口で通って多々良学園高等学校を思い出します。
でもあんまり若い連中って苦手なんですよね。大丈夫かな~?と思っていると到着。
クラーク記念国際高校という学校。そこの声優科というところに行きます。
声優科というところで週に一度代表が講義を行っていると言う事でそれを見学。
顧問の先生と打ち合わせ中、代表「志士丸さん、せっかく来たんだから生徒にヌンチャクの技をみせてくださいよ」
(; д )゜ ゜ ええええええええええええええええええええ! 
しかし、今回の旅は与えられた(もしくは自分で得た)ステージを自分だけでやりきる事ができるか?を問う旅。
せkっかうのチャンス。人前に出れるチャンスは是が非でも出るべき。そう思い承諾。
そして演武。みんなあたたかく見ていただきました。
そして場所を移動しそこで授業。そこで自分はあるグループの生徒たちとディスカッションした。
生徒たちは自分の将来像を持って、はいたがそれが漠然としていてその目標への
具体的な方法や段階と言うものがなかった。(その生徒たちだけではなかったが)
その時にふと自分の昔の姿と最近の自分の若者に対する偏見を鑑みてみた。
思えば自分もこの歳の頃は「竜馬のようになりたい」と漠然と思ってたな~。
その方法として東京に出て役者になって武田鉄也さんの弟子になって・・・なんて考えてましたが
その為にどうすべきかをたいして考えてませんでした・・・。それに
今までの自分は最近の高校生をはじめとする多感な学生たちは「やらされてる事」をやってるだけで
「学べている」「鍛えられている」と勘違いしている連中が多い。と思っていましたが。
彼らの世界はとても狭く、でもソレが全てでその中でまず自分を磨く事ができるかを試されているんだ。
と思いました。世界を広くするのはこれから。そのためにも鍛えられる、学べる場所でどれだけ伸ばせるか。
学生は学生で学生らしい努力をしてるやつはしっかりしてるんだな。と思いました。考えを改めよう。
ともあれそんでもってそのグループの生徒らに自分が言うのもなんですが「表現力とはなにか?」を
知る限りで教えてみました。表現力とは思ったことを形にする力と思っています。
そこでちょうど持ってきていた260のツイストバルーンで3人いたんですがそれぞれの生徒に「いぬ」を作ってもらいました。
つまんで捻る。を何回かやればできる。と言う感じで教え、作れるようになった段階でそれぞれにおまかせ。
一人は胴が長かったり、一人は余りすぎたり、一人はしっぽがでかい・・・。でもそれが彼らの作ろうとして作ったいぬ。
それをどれだけ自分のイメージに合ったいぬに近づけるか?をやって発表させてみました。
シンプルな「いぬ」も足を伸ばしたり、胴を伸ばしたりでいろいろ変わってきます。
それを形にすることそれが表現力。そしてそれは必ず形にしなければならない。そこが伝わってくれてるといいな・・・。
今回の授業は以前の仕事で自分を出しきれなかった自分にもいい勉強ができたと思います。
この学校の生徒たちも是非頑張ってほしい。
ゆくゆくはどこぞの現場で一緒に仕事ができたら面白いだろうな。と思います。
    クラーク02
とまぁ偉そうなことを書いてきましたがこれがその生徒たちです
。左は来るべき未来に「くるならきやがれ!」的な感じ(笑)右は自由な感じで。って感じで撮ってみました。
頑張れよ!みんな!
さて、高校を後にした志士丸、もう一箇所行くところがあると言う事・・・
なんですがもう長くなっちゃったんで・・・待て次号!( ゜∀゜)ノシ    (゜д゜#)またソレかよ!!

コメントの投稿

非公開コメント

頑張ります

頑張ります!
親に無理言って、お金出してもらって来ている高校なので、
ここで頑張らなかったら親に申し訳なくて生きてけません。

今は色々将来について考えながら、挑戦できる様々なことに挑戦し、
自分がこれから生きがいを持ちながら生きていける方法を探しています。

コメ返し

>>男子生徒くん
覚えてるよ。あの中性的な男子だな。
顔立ちがいいから男らしさ見つければ君絶対化けるぞ!
(いい意味か悪い意味かは君の判断に任せる)

いろいろなことに挑戦しようとするのはいいことだが
いろいろやってるうちに何もできなくなってしまうと言う事になることも
往々にしてあるものだ。「自分はこうなりたい」という具体的な方向性をまず
持ってから、そこに行くために何をしたら良いかを考えてそれを実践。それを積み重ねながら
ある程度自分の立ち位置を把握してから手を広げる。というスタンスが合理的だと思う。
(まぁ自分もあんま偉そうな事いえないけどね)君らは若いからいくらでも修正がきく。
今はいっぱい失敗して、いい結果を残すためにはどうすべきかをいっぱい頑張って悩んでください。
いらっしゃった方々
ついったあん♪
プロフィール

志士丸

  • Author:志士丸
  • 冷たい時代を打ち砕く
    孤高のヌンチャク武芸人

    contact
    sisimr@hotmail.com
カテゴリ
最近のコメント