イライラ 後 晴れやか

6月14日の日曜日。その日は早いうちから横浜へ。
いつもなら10時くらいに行くのだが、この日着いたのは8時。
というのもその日は横浜のシンボルタワー近くの場所でのコンビパフォーマンスの日だった。
濱の市のボスから「この日ここでまつりがあるからやってみないか?」と言うお誘いに
二つ返事で受けてみた。のですが・・・。
行ってみるとそこはただっ広い野っ原。その周辺に露店やフリーバザーがあって、
さしずめ「大きくなった濱の市」の様相を呈していた。
自分としてはアンプが使えて時間も朝から午後4時までと長かったので仕事として意気込んだのですが
トンだ肩透かしでした。(そもそもギャラが発生しない段階で仕事でもなんでもなかったですが)
しかもバンドがくるらしくそのバンドの演奏中はこっちの曲が使えないということらしい。どーすりゃいいんだ!
現地に到着した時にはほとんど人はなく、出てきたら出てきたでバンド到着。座り込む自分。
個人的には仕事のつもりできていたので曲を流しながらじゃなきゃパフォーマンスをする気にはなれず、
相方は相方でやる気はあるようですが自分に気を遣って。なのでしょうが、座っていじってるだけや
黙々と投げてるだけ・・・。これじゃ本当に単なる濱の市のデカくなっただけ。むしろ交通費が増した分
ムダ使いしにきただけ・・・。もう帰ろう。と思い始めたとき、
「別の場所に移動したら曲を使ってもいいそうですよ」というMoka君が現場の代表に聞いてきてくれた。
しかし、今更場所を動く気にもなれなかった。もういいや。と思ってせめて、
持ってきたバルーンを消化して帰ろう。そう思って立ち上がってバルーンを始めた。すると・・・。
「なにやるの~?」「なになに~?」と、子供たちが集まってきた。あ!これだ!
すかさず作りながらもこの子供たちの親御さんをさり気なく探して子供たちに作ってあげながらアピール。
作ってる時間をMoka君に埋めてもらいながら風船を作ったり、ディアボロ回したり。
少しずつ子供も増えてきました。『ああ・・・こうやるんだ・・・!』
広い野っ原。ステージでは別のバンドやイベントが行われている中で、
曲は使わずに自分たちのパフォーマンスをする方法・・・。それが解った気がしました。それは
座ってちゃダメだ!ということに他なりません!序盤、なにをしていいか解らず頭を抱えてヘタリ込んでると
とにかくネガティブになってどうしようもなかったのに、立ち上がって何かをしていると人はソコに耳目を
向けてくれる。距離を置き、ある程度のこじんまりしたアクションならステージの邪魔にはならない。
ゆくゆくこういう場でのパフォーマンスも普通に受ける事があるかもしれません。
(今回はこういう形になってしまったのですが)そうなればどうすればいいか?
今回はそれを体験し勉強するいい機会でした。投げ銭もなんとか入ってくれました。(結局赤字でしたが)
はじめイライラしましたが最終的に晴れやかな気持ちで帰路に着くことが出来ました。
雨もなんとかモってくれて曇り空の中ながら結果的には楽しかったイベントでした。

帰って上半身メチャメチャ焼けていたのが一番驚きましたがww
(曇り空だから安心してましたが曇りの日ってけっこう紫外線多いようですね)ともあれこんな感じでした。

近々、ちょっとしたニュースをお送りできるかもしれません。期待せず期待してください!
                           今回は動画とかないですが・・・ではまた( ゜Д゜)ノシ

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃった方々
ついったあん♪
プロフィール

志士丸

  • Author:志士丸
  • 冷たい時代を打ち砕く
    孤高のヌンチャク武芸人

    contact
    sisimr@hotmail.com
カテゴリ
最近のコメント