新年早々崩される価値観

1月11日。今年初めての代々木公園での練習。
練習は滞りなく進みましたがここでとあるゲストが。
去年自分の行かなかった12月のある日、相方のMoka君があるヌンチャク使いと遭遇。
相方がヌンチャクを出していたことに反応して話しかけてきたという。
メインでやってる自分がいないので今度また来ると約束。そしてこの日!ようやく会えました。
実際、この方の事を聞いて自分は『ふぅん・・・ま、俺ほどじゃないだろww!』という浅はかな自負心を
持っていました。それもそのはずこれまで少なからずもいろいろパフォーマンスしてきて、
また、様々な出会いの中、スゴイ連中と会える中で自分も『ここにいる』という高揚感に酔い、
気持ちはでかくなり自信とともにある考えが固まってきました。その考えは
物事はそうある時、こうあるべきなのだ。と。
物事はなんでも今までやってきた事の積み重ねでしかない。ならばどう足掻いたところで
出る結果は出る結果である。頑張りはすれど出る結果に悔いは持たないでいよう。
一見正しく聞こえるこの言葉。自分もそう信じてきました。
しかしこの日、自分の中の、この考えの中にあった何かを壊す事が起こりました。
その方は中国の方で、日本で働いていて、ヌンチャクは趣味でやっているという。
年下でキャリアも短い。自分の自負心になお拍車がかかりました。が・・・。
(゜Д゜;)・・・なんだこりゃ・・・凄すぎだ・・・。
彼の操るヌンチャクの動きの凄い事凄い事!技そのものは自分にもありますがその動きたるや
まさしく疾風怒濤!荒々しくもキレがあり流れる様はそれこそ龍の如し!
・・・愕然としました・・・。自分の上にはNFA様くらいと思っていました。
(もっとも、もっともっと凄い人はいようことは解ってはいます。
NFAの団体にはどれほどなのか想像もつきません)
しかしまさかこんな身近に、かつコレほどまでの使い手がこんな所にいるとは。思いもよりませんでした。
彼が言うには練習は主には5時間くらいで毎日という。最近の自分の練習量は1時間程度。
前述の考えの中で 『少しでもいいから一歩一歩やっていこう!
なぁに進歩していけばいいのだから焦る必要はない。無理せず進んで行けばいい!』
そう考えた結果がこれ・・・。進歩はしている。しかしそれは無理をせずとも、
キャリアとしての距離を重ねた結果。彼もまた働きながらもヌンチャクを志していて、
自分の半分もキャリアがないのにこれほどの技を見せている・・・。
自分のこれまでの進歩の仕方はなんだったんだろう・・・?
唐突に突きつけられたこれまでの自分への疑問。この疑問そのものが自分への鉄槌でした。
このままじゃいけない!
疑問に対する自分の回答はとてもハッキリしたものでした。前述の考えは決して悪くはない。が、
その考えに対する自分の姿勢が甘えていただけである事を思い知らされました。
新年早々とんでもない出会いができた。自分のコレまでの考えを改める機会。久しぶりの衝撃でした。
超人の団長や、NFA様、他のパフォーマーの方々、会うたびに繰り返す衝撃を新年早々味わえたのは
とても嬉しい出来事でした。負けちゃいけない!久しぶりに悔しい思いがこみ上げた。
ヌンチャクパフォーマーとして上からも下からもどんどん凄いヤツらがでてくる。
少しでも進むには「少しでも」ではなくできるだけ進もうとしなければそこからは進めない。
どうせ進むならデカイ一歩が必要。ってことで今年のモットーですが
ー死ぬまで諦めないー
とします。言ってることは同じですが「諦める」なんつーネガティブじゃいけない!
今まで使ってきた「頑張る」という言葉に、
これ以上恥をかかせないようにもっと必死になって見たいと思います!
今年はとことん面白い年になりそうです。皆さんよろしくお願いします!
長くなったんで目標はまた次回ということで。

新年PoN挨拶

今年初めてのヌンチャク動画です。
最後の方に写ってるスゴイ振りしてる方がその方です。
いやいやwwすげえもんだwwゆくゆくはこの人とも絡みたいもんです。
振ってる最中カラカラいってるのはこの方のヌンチャクです。中国にしかないとの事。ほしいな~。
ともあれ今年もいろいろ撮っていきますんでよろしく!
                                    ではまた( ゜∀゜)ノシ

コメントの投稿

非公開コメント

カラカラ鳴るやつどういう構造なんでしょうね?
ちょっと解明して作ってみたい(^^)

なんというヌンチャクさばき!!?

これは俺もがんばらなければ!!

確かに凄いんですが、中国にはこのレベルの人がゴロゴロしていると思った方がいいです。
例えば、日本における草野球やフットサルチームのような、同好の士が集うサークルが地域ごと無数にあったり、部活動として取り組んでいる学校もありますから、当然なのかも知れません。
元々、中国武術の表演(演武)は日本武道の型演武に比べて、パフォーマンス性も高いですしね。

NFAの宏樹さんを見た時はメチャクチャ衝撃を受けましたが、中国の人達のヌンチャク動画を見ている内に、その衝撃も薄れてゆく程でした。

>>DGさん
触らせていただいた時に見ようと思ったんですが
見難かったのでムリでした。今月末正月休みで帰るらしく、買ってきてと頼んでおきましたww

>>ヨーヘイさん
相当凄いよwwお互い頑張ろう!

>>水登さん
お久しぶりです。前回は口幅ったく失礼しました。

本人も言ってましたね「コレクライチューゴクイケバイッパイイルヨー」って。
その言葉も愕然とした理由の一つです。とことん狭量な自分を痛感しましたね。
せめてもの救いは「アナタノヌンチャクオモシロイネー」と言ってくれた事です。
技の流れは方向性の違いとお互い解釈してましたが
自分としてはこういう技が欲しい。そう念じてやまなかったお手本が
生で見れたのは嬉しくも、できない自分に悔しい思いがしました。
今のままでも世界に向けて自分の方向性でやってみたいところですが、
こんな形でも凄い身近に凄い技を見せてくれる方と会えて手に入れるチャンスに巡りあえて
よかったと思っています。どうせ見せるなら凄い技で面白く見せる!
め一杯頑張ります!お互い頑張りましょう!

感想です^^

志士丸さんは体のブレとあまりに大きすぎる一つ一つの動作が演舞を邪魔してると思います。

動作の大きさはスタミナの消費につながりますので
鎖でつながれたヌンチャクの特性を活かされては?

あとヌンチャクに振り回されてる感は否めないので
自分の体を中心に置いたほうがいいと思います。

偉そうなことを言いましたが自分は志士丸さんほどではありませんので・・・すいません



動画は中国の方ですかね?
回し技中心という感じですね

やっぱり金属のほうが見栄えはいいですね^^



それではお互い頑張りましょう^^
ありがとうございました。

>>うぬさん
・・・ちょっとムカッとしたけどあまりにも的を射た的確な指摘でぐうの音も出ませんww
お越しいただきありがとうございます。
石さんを目の当たりにして改めて自分を見るとなおの事思い知りました。
もっともっと頑張らないと!もうそれしか言えませんww!
上の上には程遠い。うぬさんもヌンチャクを嗜んでおられるようで様々な出会いを繋げるようで
嬉しく思います。発祥うんぬんは言いたかないですが、今、ヌンチャクで盛り上がってるのは
どちらかというと、中国のようです。負けちゃぁいられません!日本でも盛り上がってるんだ!
ってのを見せてやりましょう!!

あけおめ

>志士丸さんは体のブレとあまりに大きすぎる一つ一つの動作が演舞を邪魔してると思います。
>自分の体を中心に置いたほうがいいと思います。


私も以前そう思ったのですけどね。
格闘・武道を少しでもカジった事がある人は、ドッシリ構えて下半身の安定性重視で、上半身はリラックスでしょ?NAFさんとか、空手家のヌンチャクとか。

でも彼はパフォーマーなんで、飛んだり跳ねたりするのがスタイルなんでいんじゃ無いですか?本人もそう言ってましたし。
楽しめりゃいいんスよ、楽しめりゃw

格闘・武術家の目線から見ればナメてる様に見えるだろうけど、ジャグリングや大道芸の目線で見れば普通にアリだと思います、私は彼のスタイルが大好きですよ。

私なんぞ火を付けてヌンチャク投げてますからね、格闘畑の人から考えたら有得ないでしょw 笑
まぁ楽しみ方は人それぞれって事で。

>>名無しさん
一応自分も武術として持ってる部分もあるんですけどねww
ただ全く一人でやってきたもので誰からも教わる事がなかったため、
あんな形になってしまったのも事実、でも周りに誰もいなかったため
独学でここまで作り上げれた事をSさんに驚かれました。

これからはこれまで「鍛えて振ってりゃいい」という考えの中で作り上げた物を、
より技術ある方と共により良い技術に作り直すのが自分の課題だと考えています。
一人だけでやってきた事ですが、今はもう一人じゃない。ライバルもいれば練習生もいる。
協力者もいれば応援してくれている人もいる。
一つ一つ実になってきた今をこれからも積み重ねていこうと思っています。
いらっしゃった方々
ついったあん♪
プロフィール

志士丸

  • Author:志士丸
  • 冷たい時代を打ち砕く
    孤高のヌンチャク武芸人

    contact
    sisimr@hotmail.com
カテゴリ
最近のコメント