スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志士丸氷割りパフォーマンス概要など。

武器術による破壊技 ヌンチャク氷割りの
その概要とギャラリーへの安全配慮。準備撤収の流れ。報酬の話などです。
※氷割ショーでの概要、並びに安全対策の方針を考えてみました。
◇氷割の概要
氷をヌンチャクで砕くのに使用するヌンチャクは樫の木製。(鉄(アルミ)の鎖のつなぎ)です。
鉄製では行いません。その理由は木は成長するので成長の象徴。氷は自然の塊。
成長するものが自然の塊に挑むことを表現したいという気持ちからです。鎖が鉄(アルミ)なのは
文明、技術の象徴として。人(成長)が握る木(成長)のヌンチャクを鉄(文明)がつなぎ、氷(自然)に挑む。
この形を破壊として表現しています。鉄(文明の象徴)で挑む。というのも考えましたが
鉄だと割るのはその重量から確実なので却下しました。

◇安全対策
ギャラリーとの間隔は最低2m。それより短い間隔しかない場所では不可。
演技スペースは氷台から半径2m必要。
ヌンチャクは使用限度5回、消費期限は購入から未使用ならば一年以内。
一度使用後は半年以内をショーでの限度とします。
(ショーで一回使用後、動画などで4回使用するとショーでの使用は不可)
ヌンチャクのつなぎ目は念入りに補強。(両面テープを巻きその上からビニールテープ)

◇ショーの前後(準備~撤収)
<準備>
氷台、アイスボックスを中心に準備。台の下にビニールシート(屋外はなし)
雑巾を3枚、ちりとり。
<撤収>
氷の破片、残りの塊をアイスボックスに収納。(ちりとり使用)
台の水分を拭き、床も拭く。→撤収。
考えつく部分ではこのような感じです。


上記の条件を了承して頂ければCGじゃない。小細工もない!生の破壊の迫力をご覧いただけます!

※人前でやる武器術パフォーマンスとしては珍しい部類の芸なので報酬は通常の倍で承ります。
お目安にどうぞ。

スポンサーサイト
いらっしゃった方々
ついったあん♪
プロフィール

志士丸

  • Author:志士丸
  • 冷たい時代を打ち砕く
    孤高のヌンチャク武芸人

    contact
    sisimr@hotmail.com
カテゴリ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。